小規模事業者・中小企業向けの経営コンサルティングと集客・マーケティング・新規開拓・営業をご支援する顧客獲得センターです。中小企業診断士等の所属経営コンサルタントがご支援いたします。

データ分析の業務委託と企業選びのポイントは?

  • HOME »
  • データ分析の業務委託と企業選びのポイントは?

 

みなさん、こんにちは!
データ分析歴20年のコンサルタント、松本宏之です。
本日はデータ分析業務を企業に委託する際の、企業選びのポイントについて解説したいと思います。

1.データ分析業務を委託する際の企業選びのポイント

データ分析業務を依頼したいけど、どんな企業があるのか分からない!?

ここ10年くらいで、企業のデータ分析ニーズは一気に高まったこともあり、自社データの分析に迫られている企業も多いと思います。ただし、まだまだ、データ分析業務を委託できる企業や機関は少なく、どこを選んでいいのかわからない取ったビジネスマンも多いと思います。本日は、僕自身のデータ分析コンサルタントとして、他企業や研究機関と連携し、業務を進めた経験から、データ分析業務を依頼するにあたり、おすすめの企業や機関についてご紹介しますね。

データ分析業務を依頼できる企業・機関は次の通り

おおよそ、現在の日本では、ビジネス面でデータ分析業務を依頼できる企業や機関は次のように分類できます。

  • A.データ分析ソフトウェア企業
  • B.データ分析のできるIT関連企業
  • C.データ分析のできるコンサルティング会社

これら、データ分析業務を委託できる企業や機関は、メリット・デメリットがあり一概に、「ココがいい!」とは言えません。なので、これら4つの企業・機関について、それぞれ、おすすめのポイントを整理したいと思います。

2.データ分析業務を委託できる企業や機関

A.データ分析ソフトウェア企業

データ分析のソフトウェアを販売している企業(データ分析ソフトウェアベンダ)では、大手の場合、データ分析コンサルタントが所属しています。そのため、データ分析ソフトウェアを販売する際に、コンサルタントがデータ分析のサービスを有償・無償で提供する場合がほとんどです。

大手でいえば、

  • IBM SPSS
  • SAS Institute

が有名ですね。

実は僕も、SAS Institute Japan で分析コンサルタントをやっていたことがあり、また、IBM SPSSではフリーランスのデータ分析コンサルタントだった時期に、業務提携しコンサルタントとしてデータ分析サービスを担っていたこともあります。なので、2社ともにお世話になっており、本当に、すばらしい企業だと思います。それだけに、大手データ分析ソフトウェア企業のメリット・デメリットについても、解説したいと思います。

◆メリット
なんといっても、信頼性がある。最新の分析手法に対応したソフトウェアを有しており、おおよそのデータ分析ニーズはカバーすることができる。また、両社とも巨大企業のため、まず、つぶれることはない(笑)

◆デメリット
両社とも、データ分析ソフトウェアを中心とした巨大システムの販売が「主」であり、データ分析サービスは「従」(おまけ程度)でしかない。システムを導入する際は非常に高額(僕が携わった業務は数千万~億単位)。データ分析業務だけを委託することは基本しない。

◆こんな企業様におすすめ
大企業向け。例えば、クレジットカード会社や巨大ECサイト運営会社など、ビッグデータを自社事業で有しており、ビッグデータの運営~分析~活用までを一括でシステム開発として依頼したい企業。

B.データ分析のできるIT企業

例えば、次のような国内の大手IT企業

  • 富士通
  • NEC
  • 日立

などと言った、大手SI企業はデータ分析を専門にしている部隊があります。そのようなデータ分析を担当する部署は自社のシステム開発のためのデータ分析を専門としています。逆に言うと、お客様の様々なデータを分析し、知見を導くといったことは不得意なようです。

◆メリット
信頼性の高いシステム構築が得意であり、業界や業務に合致したシステム(特化型システム)があれば、利用がっては良い。

◆デメリット
専門性は高い代わりに、汎用的なデータに対する分析ノウハウなどは比較的苦手。システム導入が前提となり、総額は高額となりやすい。

◆こんな企業様におすすめ
大企業向け。それぞれの企業が得意とする、業界や業務に特化したシステムがあれば、そのシステムを導入することにより、データ分析やレポート出力が気軽にできる。

C.データ分析のできるコンサルティング会社

例えば、

  • アクセンチュア
  • マッキンゼー
  • 野村総研
  • 三菱総研

などと言った、外資・国内のコンサルティングファームも、データ分析のノウハウを有しています。僕も、コンサルティングファームと連携し、データ分析に携わったことがあります。

◆メリット
データ分も含め、戦略的なコンサルティングを実施してくれる。

◆デメリット
基本的にはプロジェクト単位で「戦略立案~施策の実施」といった仕事をするため、「毎月この時間に来てくれる」といったサービスではない。データ分析に特化したサービス提供ではない。やはり、高額。

◆こんな企業様におすすめ
新規事業の立ち上げといった、スタートからゴールまでが割とわかりやすいプロジェクトで力を貸してもらいたい場合は、頼れるプロ集団。データ分析の先にあるビジネスの成功のお手伝いをする。

3.データ分析の委託費用は高い!

データ分析が可能な各社について、僕の経験からそれぞれ見ていきましたが、各社に共通することは、やはり「費用が高い!」と言うことですね。大企業の大規模プロジェクトであれば構いませんが、中小企業だったりが気軽にデータ分析を業者に委託するには、やはり、まだまだ敷居が高いようです。

僕もSASで働いていたり、フリーランスでデータ分析コンサルとして他のコンサル企業や統計ソフト会社と連携し仕事をしてきた身として、やっぱりいつも、「データ分析を委託するには費用が高すぎるなぁ・・・」と感じていました。だって、例えば、僕が他のコンサル会社と提携していた場合、僕の人件費に加えてさらに元請けコンサル会社の利益が乗っかり、費用として請求していたので、やっぱりデータ分析の費用は必要以上に割高になります。

でも、本来、データ分析ってそんな、莫大な費用をかけて取り組むものではなく、もっと、気軽にできるべきものなのです。ビジネスデータ分析は「安い・早い・うまい!」であるべきですよね。

このようなことから、ずっと、僕は「コンサル会社を立ち上げて、もっと気軽に企業がデータ分析に取り組んでもらいたい!」と思っていました。実は、こんな経緯で、僕は非営利のコンサル法人「一般社団法人顧客獲得センター」を立ち上げたんです。なので、本日は、ちょっとだけ、僕の法人の宣伝もさせて下さい!

 4.当社はデータ分析に強い企業です!

データ分析に強いコンサル企業である当社「一般社団法人顧客獲得センター」について、最後にちょっとだけ宣伝させてくださいね。

データ分析歴20年のコンサルタント

当センターは僕、松本宏之が代表理事を務めています。僕は早稲田大学大学院でデータ分析と心理統計を専攻し、その後マーケティングリサーチ国内最大手の株式会社インテージやデータ分析ソフトウェア企業のSAS Institute Japanでデータ分析コンサルタントとして従事していました。大学時代から含めて、20年以上、この道(データ分析)に携わっています。

手軽にデータ分析を委託できる

サラリーマンコンサルタント時代からずっと思っていたことが、「企業にデータ分析を依頼した場合、費用が莫大になる」と言うことでした。そのため、「中小企業でも、もっと気軽にデータ分析を委託できるコンサル企業を自身の手で立ち上げたい!」との思いから、コンサル会社から独立し、当法人を立ち上げました。

中小企業診断士によるビジネスデータ分析です

僕は経済産業大臣認定の国家資格である「中小企業診断士」を有しています。この資格を取得した理由は、データ分析を目的化するのではなく、企業の業績を改善することを最終的なゴールとしたい。そのために、データ分析を手段として企業のコンサルをしたいと思ったからです。そのため、僕がデータ分析の委託を受けた場合は、ビジネス課題の明確化と課題解決の手段の立案から、ご提案します。

データ分析の業務委託・研修・スクールはこちら

当社もデータ分析に関する研修・コンサル・業務委託サービスをご提供しています。ぜひ、こちらもご覧ください。
当社のデータ分析の業務委託・研修・コンサル・スクールについて

 

僕が本記事を書きました。~プロフィール

松本宏之。1980年生まれ。データ分析コンサルタント。早大・大学院卒(心理学修士)。大学院時代は心理学における統計解析手法である共分散構造分析(多変量解析手法のひとつ)を研究。修士卒業後は国内マーケティングリサーチ企業最大手の株式会社インテージ・外資大手統計解析ソフトウェア企業のSAS Instituteでマーケティングシステムの開発やデータ分析コンサルティングに従事。その後、中小企業診断士資格を取得後、独立し、一般社団法人顧客獲得センターを設立。ビジネスデータの分析による数値に基づいた経営改善にかんするコンサルティングと心理統計を応用したお客様の心を読み解くマーケティング、経営コンサルティングを得意とする。大学院時代に指導教官と研究室メンバーで統計関連著書を多数執筆。秋田、雑種、柴犬のオス3頭と生活中。

一般社団法人顧客獲得センターについて

当センターは、金融機関・自治体・支援機関等と連携し、①企業経営に役立つ経営情報の提供、②データに基いた企業経営の支援、③経営コンサルティングを行うことを目的として設立された、非営利法人です。代表理事は経済産業大臣認定の国家資格である中小企業診断士資格を有する松本宏之が務めます。

◆お問い合わせ





お問い合わせはお気軽に TEL 050-5361-9263 月曜~金曜:9:00~17:30

集客小冊子をプレゼント!

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人顧客獲得センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.